櫟(クヌギ)

管理番号:21-15

種類MIXサイズ9.6kg
性別メス年齢5~6才
ワクチン接種避妊・去勢
種類MIX
サイズ9.6kg
性別メス
年齢5~6才
ワクチン接種
避妊・去勢

性格・健康状態

春先にも関わらず大粒のマダニをゴロゴロとつけた状態でレスキューされた女の子です。

北関東の郊外にもう10年以上前から行政の指導を受けていた多頭飼育現場があります。
地元のボランティア・警察・愛護センターなど沢山の人が関わってきたにもかかわらず飼い主は犬を増やし続け、適正飼育を怠ってきました。
未避妊の雌雄が混在し、子犬が生まれては地元のボランティさんが引き取るといういたちごっこの繰り返し。
中には飼い主が引き渡しを行わず、殺されたり、そのまま人に懐かない野犬のような犬になってしまった子もいます。

攻撃こそしないものの人に懐かない犬50頭。
衛生環境は悪く、病気の犬や怪我をした犬も少なくありません。
このままではいけないと思い立ち、複数の地元ボランティア団体と協力をしあって、現場から一頭でも多くの犬を引き取り、飼い犬としての人生を歩ませてあげたいと思っております。

彼女は棗ちゃんと全く同じ状況で土の中から発掘(?)されました。
穴を深く掘り、その中に逃げ込んだ犬を捕獲するために、穴を崩し首輪をかけ、土まみれになっての捕獲劇でした。
おそらく姉妹と思われる彼女ですが、社交的な棗ちゃんと違って引っ込み思案で固まってしまう性格。
性格的にはすでに譲渡されているキトリちゃんに近いかなと感じております。

恐怖から唸ったり噛んだり逃げ惑ったりする犬が多い中、
じっと固まって耐えることができる子だったため我が家にレスキューしました。
早速シャンプーをしたところ、血を吸った大粒のマダニが出るわ出るわ。
フロントラインを滴下した後もしつこく残ったマダニを丁寧に探り落としていきました。

まだ現場の犬たちを本格レスキューする前に一度だけ現地の視察に行った際、
30分ほど敷地内を歩いただけなのにふと自分のズボンを見たら草の種のようなつぶつぶがびっちりと(いちごの種ぐらいの大きさです)付着しており、
草むらで種がついたのかな・・・?と更によく見てみると種はうごめくではありませんか。
その種が数百匹のダニであると気づいた瞬間の恐怖。
犬たちが置かれた環境がいかに過酷か、改めて思い知ったのでした。

そんな彼女は、現在預かりボランティアさんのお宅に移動し、家庭犬としてのいろはを先住犬の指導のもと
徐々に学んでいるところです。

やることなすこと初めてだらけ。
それでもペロペロと手をなめてくれたり、手からおやつをから始まり、最初は部屋の隅で固まっていた彼女も、預りさんの努力から、お庭デビュー、先住犬とのお遊びと日々成長しております。
そしてとうとう先日お散歩デビューを果たしました。
まだ家の周りだけですがお散歩の楽しさに気付き始めています。

彼女の成長を一緒に支え、小さな一歩も一緒に楽しんでいただけるご家族を募集いたします。

その他

避妊手術済
フィラリア(陰性)
血液検査
内外駆虫済
マイクロチップ

里親をご希望の場合は、以下のアンケートフォームよりお申し込みください。
多数の応募をいただいている場合には、ご希望に添えない場合がございます。