黒松

管理番号:21-19

種類MIXサイズ14キロ
性別オス年齢7~8才
ワクチン接種避妊・去勢
種類MIX
サイズ14キロ
性別オス
年齢7~8才
ワクチン接種
避妊・去勢

性格・健康状態

決して人には懐かない犬かと思いましたが、少しずつにじり寄ってきてくれる様が健気な男の子です。

北関東の郊外にもう10年以上前から行政の指導を受けていた多頭飼育現場があります。
地元のボランティア・警察・愛護センターなど沢山の人が関わってきたにもかかわらず飼い主は犬を増やし続け、適正飼育を怠ってきました。
未避妊の雌雄が混在し、子犬が生まれては地元のボランティさんが引き取るといういたちごっこの繰り返し。
中には飼い主が引き渡しを行わず、殺されたり、そのまま人に懐かない野犬のような犬になってしまった子もいます。

攻撃こそしないものの人に懐かない犬50頭。
衛生環境は悪く、病気の犬や怪我をした犬も少なくありません。
このままではいけないと思い立ち、複数の地元ボランティア団体と協力をしあって、現場から一頭でも多くの犬を引き取り、飼い犬としての人生を歩ませてあげたいと思っております。

この子はボランティアが現場に入って一番最初になんとかしてあげないと!と、目についた犬でした。
繋がれるか、各区画に分かれて群れでウロウロしている犬たちの中で、
自身の糞が堆積した立つこともままならないような小さなケージの中で息を潜めて生きていました。
飼い主は、他の犬からいじめられるからケージに隔離したようですが
犬本人にとっては地獄の日々だったと思います。
犬たちの餌が行き渡らないときはケージの犬は無視されていたでしょう。
きれいな水もないことのほうが多かったでしょう。
餓えと渇き、糞で圧迫される居住空間。

そんな半生を生きてきた彼にとって、
怖いだけの人間との暮らしは幸せなのかどうなのか。
何が彼にとっての幸せなのかを考えたときに現場から引き取ってくることが正解と判断することがためらわれる程、
彼の傷は深いように思えました。

彼の引き出しは正に「ええいままよ」の勢いでしかありませんでした。
口は出ないにせよ抱っこで大暴れからのスタート。
しかしなんとかシャンプーをし、毎日少しずつブラッシング。

徐々に、本当に徐々にですが距離が縮んできてように思えます。
手からおやつも食べるようになりました。
部屋の中をフリーにしておくと少しづつ行動範囲を広げる余裕も出てきました。
庭の中ではリードに従ってお散歩も◎
性根は優しい犬なので、他の犬とは決して揉めません。
意地悪な先住犬にちょっかいを出されてもじっと耐えております。
多頭飼い向きの犬かと思います。

彼の苦痛に満ちた人生のやり直しにとことん付き合ってくださるご家庭に。

その他

去勢手術済
フィラリア(陰性)
スケーリング
血液検査
内外駆虫済
マイクロチップ

里親をご希望の場合は、以下のアンケートフォームよりお申し込みください。
多数の応募をいただいている場合には、ご希望に添えない場合がございます。