ピオーネ

管理番号:21-54

種類チワワ×シーズーMIX?サイズ4.5kg
性別オス年齢1才前後
ワクチン接種避妊・去勢
種類チワワ×シーズーMIX?
サイズ4.5kg
性別オス
年齢1才前後
ワクチン接種
避妊・去勢

性格・健康状態

関東某所の個人の多頭飼育崩壊からのレスキューです。
1軒屋は足の踏み場もない糞尿と
糞尿の海にうごめく糞尿の鎧をまとった犬たちでひしめいていたそうです。
未去勢未避妊のオスメスが混在し、もう何が何だか分からないぐらいに妊娠しては生まれて死んでという地獄が繰り返されています。
少し離れたところに住む飼い主の孤独な老人は、犬たちを「大事にしている」「愛している」と言う。
保健所・警察が近所からの苦情で様子見をするたびに
「毎日餌をあげに通っている」「病気の治療もしている」「少しずつ里親に出している」と言い
そう言われると手も足も出せない日本の法律と警察。
ボランティアが、怒りで今にも殴り掛かりそうな心を無にして
飼い主のところに何度も訪れ、説得し、犬たちの里親募集を促し、なんとか引き取ってこれた僅かな犬たちの中の一匹がこの子です。
こんな現場はまだ日本中に隠れています。
これは氷山の一角。
今日も、踏み潰されたぐちゃぐちゃの胎児と糞尿の上で眠る犬がいます。
多分日本中にいます。

引き取ったウンコの鎧をまとった彼を
かかりつけの動物病院の閉院間近の時間にそのままの姿で運び込みました。
清潔な病院内が一瞬で激臭に包まれました。
獣医師も動物看護師もテキパキと検査をし、その場で毛刈り。もとい鎧剥がし。
「あ~デスメ(角膜潰瘍)だ」
獣医師が眉をひそめつぶやきました。
すぐ手術しましょうということになり、そのまま入院。
翌日には目の処置と去勢手術を行っていただきました。

さっぱりして可愛くカットされたキュートな彼は
まだ子犬の延長のような天真爛漫さで、真綿のように家庭犬としての振る舞いを吸収していきました。
はじめ怖がっていたくせにあっという間にべたべたのすりすりになり、
トイレのトの字も知らずにうんちしたその場で踏みまくり、汚しまくっていたのが
ペットシートを少しづつ認識し、ケージの中では少しだけ我慢ができるようになり、
不安で夜泣きしていた最初の1週間を越えたら、自分のケージを認識して夜はベッドで静かに眠れるようになり、
他の犬とは一切もめず(さすが多頭飼育崩壊出身!)、
それはもうただただ可愛いだけの子犬になりました。

心配されていた角膜潰瘍も、獣医師の素早く適切な処置で徐々に回復中。
現在点眼を行いさらなる回復を図っております。
点眼もおとなしくさせてくれる更に良い子!!
ジャックラッセルテリアのような身のこなしとパワフルな遊び方が家中を明るくしてくれること間違いなしです。
大型犬とも追いかけっこ遊びができるのです!

基本的に人にくっついて眠るのが好きです。
たくさんの犬に揉まれていたからか、1頭飼いよりも多頭飼育、
3世帯家族のような大家族向きの子です。

トイレトレーニング、お散歩トレーニング、お留守番トレーニング等
子犬のしつけをするようにゼロから教えてくださるお宅に。

その他

角膜潰瘍(デスメ膜瘤)処置・点眼中
駆虫3回
外部寄生虫薬塗布済み
ワクチン接種済み
臍ヘルニア手術済み

里親をご希望の場合は、以下のアンケートフォームよりお申し込みください。
多数の応募をいただいている場合には、ご希望に添えない場合がございます。