セージ【現在トレーニング中のため募集中止】

管理番号:22-7

種類トイ・プードルサイズ4.7kg
性別オス年齢4才
ワクチン接種避妊・去勢
種類トイ・プードル
サイズ4.7kg
性別オス
年齢4才
ワクチン接種
避妊・去勢

性格・健康状態

飼い主がセンターに直接放棄したプードルの男の子です。
甘ったれで抱っこ好き。
まだ出会って数日の預かりボランティアの後を家中ついて歩くほど好き好き攻撃をしてくれます。

個人情報の保護の観点から詳細はここでは書けませんが、
放棄の理由が飼い主を噛んだから。
しかし飼い主の犬を飼った動機、
犬を飼う環境の話を聞く限り、
絶対に犬を飼ってはいけない家庭。
絶対に。
ましてや頭のいい繊細なプードル。

理不尽な暴力に常に怯え、
それでもその環境でどうすれば生きていけるのかという不安と恐怖に長期間さらされ続けた、頭が良くて繊細な犬は、
結果、飼い主を噛み保健所へ。

ただ、病院でもトリミングサロンでも口が出たことはなく、
保健所に通っていたボランティアさんにも噛む素振りすら見せず、
我が家では丸一日きっかり怯えた後、
ベタベタ甘々の抱っこ犬に変身。
噛む兆候はありませんでした。

ただ突然、PTSDが発動するようで
夜中リビングのサークルの中で一人で過ごしていたかと思ったら
大きな唸り声を上げ歯をむき出してうなりだすことがありました。
怖い夢を見たのかもしれません。
彼の壮絶な過去が忍ばれました。
少しでも恐怖心を感じてしまうような経験があると
ガルスイッチが発動します。
怖いと思ったら本気で噛みに来ます。

トイレトレーニングはこれからですが
若くて頭のいい子なのでトレーニングは入りやすそうです。
現在ケージで過ごすことを練習中。
概ね夜は静かにケージで過ごすことが可能になりました。

おやつ好きも嬉しいところ。
フードは最初の数日は環境になれないせいか食べ残しがありましたが
環境になれた途端、我が家の犬同様にご飯前の小躍りをして
出されたものはガツガツと平らげてくれます。

根底に強い恐怖心がある犬です。
構ってほしいけど構われたくない。
触ってくるけど触られたくない。
全ては恐怖心からです。

・正面に向かい合わない
・目を合わせない
・構いすぎない
・声をかけない
・意識を向けない

自分に意識を向けられると恐怖を感じてしまう彼は
最初ものすごくこちらを観察してくるでしょう。
そのために最初は上記を徹底すること。
この家はあなたを追い詰めたりしないし、あなたが居ていい場所だよと理解してもらえるまでは
とにかく距離をとってあげてください。

私が普段からいろんな犬に接しているからかもしれませんが
犬との距離をきちんと取れ、毅然とした態度で接し、飼い主が群れのリーダーになることができれば問題なく生活は可能かと思います。
ちなみにリーダーシップの取れる先住犬のいる我が家では非常に均衡が取れ
非常に飼いやすい、可愛いだけの犬だなという認識しかありません。

犬の扱いに慣れた、
子どもの居ない大人だけの落ち着いた家庭で、
彼の壊されてしまった心をケアして頂きたいなと思います。
他の犬に対しても非常に対応が上手ですので先住犬の性格にもよりますが多頭飼育でも馴染んでくれそうです。

その他

去勢手術
フィラリア(-)
血液検査
マイクロチップ
混合ワクチン接種
狂犬病ワクチン接種
内外駆虫済み

現在募集は行っておりません。


一覧に戻る